楽しいスペインのロンダでのひととき

-これまた数年前の話-

f:id:niconicoinfo:20170315123832j:plain

 

僕は休暇でスペインのアンダルシア地方を訪れていた。

白い町として有名なフリヒリアナや水曜どうでしょう班がヨーロッパ完全制覇で訪れたことでも知られているアルコスデラフロンテーラなどに行った。

白い町がなぜ白いかは一切知らないがしゃれおつだったのでなんとなく行ってみたかんじだ。

実際に訪れると確かに評判通り白いのだが、白い以外に町が持つ趣をあまり感じることがあまりできなかった。遠目で見ると白い外壁の建物がたくさん並んでいてきれいでうっとりするが町の中で実際にフィールドワークするとそうでもないというか…。(白い町好きの人ごめんなさい)

結局2,3時間ほどの滞在でどちらの町も去ってしまった。

前から気になっていたロンダという町をバスで目指したがバスで爆睡してしまいバスがロンダに着いたのに咄嗟に気づいて飛び起き、急いで下車した際に命綱の地球の歩き方を忘れてしまった。

この当時もまだスマホが無かったので地球の歩き方を失った事は死活問題だった。

偶然現地に住んでいた日本人女性と出会い、彼女の家まで行って、昔家に来た日本人旅行者が置いていったという1997年版の地球の歩き方スペインをゲットした。

(当時は2010年だったので10年以上前の地球の歩き方だった…。これは使えるのか心配だったが案の定全く使い物にならず途中で英語版のロンリープラネットを購入した。)

f:id:niconicoinfo:20170315123300j:plain

ロンダという町は丘の上というよりも崖の上に創られた町という表現が正しいだろうか。おそらくは国防的な観点でこんな厳しい地形に町を作ったのだろうが(適当)はじめて見たときはすんごく感動した。これが自然との共生か…とかかっこいいワードが浮かんだりしたが、マンパワーの凄まじさを町が醸し出していた。

町の名所などはここでは詳しく書かないが、闘牛場や教会などもありもちろん町並みも素敵だった。

町は崖の上にあるのだが崖を徒歩で下る事も可能で、崖の下は広大な平原となっており農業を営む農家があったり、牛や鶏を飼ってる畜産農家もあったと思う。

ロンダには比較的安価で泊まれる国営ホテルのパラドールもあり、眺めも最も良いロケーションで建物自体もいかにも格式がありそうな見映えだ。しかし当時は極貧旅行をしていたためケチって独り暮らしのおっさんが家の二階の部屋をゲストルームにしている激安ホステルへ宿泊した。たしか一泊10ユーロくらいだったと思う。

パラドールには宿泊しなかったが一階のレストランで昼食にパエリアを食べた。

レストランも格式高そうな雰囲気を醸し出していてバルでばかり食事をしていた僕としてはちょっと抵抗があった。

となりのテーブルでは貴婦人っぽい人たちがランチをしていた。

僕は食事を済まし、タバコに火をつけると一人の貴婦人がものすごい剣幕で叱責してきた。

店員も飛んできてすぐにタバコは没収された。

僕はバルの食事に慣れすぎてレストランが禁煙であることに全く気づかなかった。周りから明らかに白い目で見られて自分の愚かな行為を恥じた。

レストランを出たあと、あそこまで怒る必要ないじゃないかと貴婦人に対してイライラしてきた。よくある時間差イライラ現象だ。

 

旅というのは不思議なもので何年後かに思い返した時、必ずしも良い思い出ばかりがフラッシュバックされるわけではなく、嫌な事だったりツラい経験がなぜか良い思い出としてフラッシュバックされる。

▼中心の建物がロンダのパラドール。崖の縁に建っており部屋からの眺めは抜群だろう。いつか行ってみたい。

f:id:niconicoinfo:20170315123245p:plain

 

楽しいバルセロナでの記憶…

-数年前のちょうど今くらいの時期の話-

f:id:niconicoinfo:20170314182823j:plain

僕は大学の卒業旅行でイベリア半島を一周していた。
ポルトガルのリスボンからスタートして反時計周りにイベリア半島を周遊する旅だった。
リスボンという街の幻想的な風景に胸を打たれ、ヘレスで本場のシェリーを堪能し、グラナダではアルハンブラ宮殿や旧市街でイスラーム文化に触れ、リーガエスパニョーラのサッカーの試合を観戦したりした。
今のようにスマホが無かったたため、宿の予約や交通手段などは各地のネットカフェで調べて探したがその苦労を差し引いてもとても有意義で楽しい卒業旅行だった。

そして10日ほどかけて旅の終着点であるバルセロナに到着した。
バルセロナではサグラダファミリアやグエル公園などガウディの建築物を中心に周った。
ここまでハードな日程をこなしてきた疲労もあり、早めにホステルへチェックインし、晩飯のレストランを探す事にした。
良さげなレストランを発見し、僕はお店に入った。
と、その瞬間…後から入ってきた数人の客に一気に囲まれて挟まれた。
一瞬身動きが取れなくなり、ショルダーバッグが引っ張られる感触を肩に感じた。
(やばい!!)と思い、もがいてバッグを手元に戻したがバッグの中から財布が抜き取られていた。
店から急ぎ足で出て行った観光客風の女性二人を追いかけて捕まえ、路上で尋問した。
女性の片割れが早口のスペイン語で必死に何かぺらぺらと話した後に、服を脱ぎだした。
脱ぐといっても上着だけではなく下着まで脱いで女性は路上でスッポンポンになったのだ。
なにも持ってないというアピールなんだろうがこれにひるんでしまって、もうそれ以上尋問することができなかった。
女性二人は観光客風な格好をしているもののよく見ると浅黒い肌色でラテン系というよりはアラブ系の顔立ちをしていた気がする。(確かではない) 
その後バルセロナの警察に駄目元で被害届を提出に行くものの警官もスペイン語しかできなかったため本当に苦労した。 
ほぼ一文無しとなってしまったため運良くちょうどロンドンにいた友人に連絡してLCCでロンドンへ行って、お金を借り、数日ロンドンに滞在して帰国した。

そして結局僕のPORTERの財布(5000円くらい)は戻ってくることはなかった
もう二度と海なんて渡るもんかと思った。

 

(そして数年が経ち…)

今では最低でも年に3度は海外へ脱出しないと発狂しそうなくらい海外、特に東南アジアに依存してしまっている。東南アジアでも様々な経験をしているが、正直、良いコトばかりではない。というより悪いコトのほうが多いかもしれない。
このブログでは旅をメインテーマとして扱って行くが、ポジティブな内容ばかりではなくネガティブな内容まで包み隠さずもちろんノンフィクションで書いていこうと思う。
現地での私的な出来事から、読者の方に役立つ情報まで書いていく予定だ。
年中海外へいるわけでもないため日本でのしょーもない日常の日記も書くかもしれない。
特別なライティングスキルも持ち合わせていないし、SEOなんてからっきし理解していないためほとんど読まれることもないだろうが、細く長く続けていこうと思ってるので今後ともよろしくお願いします。

おまけ
ちなみに僕がスラれた場所はバルセロナのコロンブス像付近のアンプレー通りという場所だ。
今はどうか知らないが当時の現地の人いわく、この近辺はスリが多い地域らしい。
▼記憶が曖昧で詳細な位置までは思い出せないが、多分このあたり

f:id:niconicoinfo:20170314183053p:plain

f:id:niconicoinfo:20170314183055p:plain